人はコンプレックスの裏返しをしたがる
こんばんは。細木数子の娘で六星占術の継承者、細木かおりです。

先日ショッピングをしているとき、おそらく実年齢と大きくかけ離れているであろうファッションをしている女性とすれ違ったの。もう2度見しちゃったわっ。みなさんの周りにもいませんか? 自分の年齢と不相応な格好をしている人って。

これってどんな心理状況かわかる? コンプレックスの裏返しなのよ。ほら、弱い人が強く見せようと虚勢を張ったりするじゃない。それってコンプレックスの逆の行為よね。高校生が大人っぽく見られたくて母親のブランドバッグや洋服を借りて身に着けているのも同じよ。だから、実年齢よりも若いファッションの人って、“若く見られたい!”“可愛い自分をアピールしたい!”っていう願望がそうさせているのよ。

若くて可愛いファッションをしている人って、周りの男性がチヤホヤしてくれたり優しくしてくれるイメージがあるじゃない。自分のこともそう扱って欲しい気持ちが若いファッションに走らせるのよ。あとは、若いときに恋愛でいい思いをしてこなかった人もこの傾向があるのよね。でもね、どんなに頑張っても時間は巻き戻せないの。だから一度冷静になって考えて欲しいのよね。

需要と供給のバランス
スーパーマーケットは“売りたい”と思う気持ちと、その商品を“欲しい”という人の利害関係が一致するからこそ、ビジネスが成り立っているじゃない。恋愛市場もそれと同じこと。

じゃあ、若作りした女性の需要と供給のバランスを考えてみて。どんな男性がその女性を求めていると思う?